アメリカ大統領×保険×増加=なに?

アメリカは、いろいろなものが揃っているイメージがありますが、先進国で随一、医療費が高い国でした。
これは国家が税金を医療に投入せずに市場原理に任せたためで、研究や高額の医療スタッフの人件費をまかなうためには、医療費自体を高くする必要があったのが原因だったと言います。

これを抜本的に改革しようとしたのが、オバマ前大統領です。
「オバマケア」と呼ばれる皆保険制度を整え、低所得者も保険に加入させ医療サービスを低価格で受けることが可能になるという触れ込みでした。

しかし、この制度が米国民にとってすこぶる評判が悪かったというのも事実です。
まず、アメリカ人にとって、保険とは互助会制度の延長であり、負担をしないのに恩恵だけ受ける“フリーライダー”を特に嫌う傾向にあります。低所得者の保険加入者は、ほとんど“フリーライダー”で、彼らを救うために大量の税金を投入し、それが増税&保険料アップにつながったことが大勢の中間層の米国人の反感を招きました。
また、この保険は低所得者には補助金を出す形で加入を義務付け、加入しないものには実質的に罰金という制裁措置が取られたのも、共産主義的だという批判を受けることにつながったのです。
この政策的な不評が、白人中間層からの不人気につながり、先般の大統領選挙の結果につながったのではと一部では言われています。

一見、外から見たら善の政策だと思われていたものが、その国の事情によっては、不評につながるんですね。

そう、タイトルのクイズの答えは、
アメリカの、民間医療保険加入者数
です。

トランプ新大統領は、「オバマケア」は批判的でしたが、その政策の一部は引き継ぐようです。アメリカの医療制度は他国に比べればやはり歪な構造になっており、まだまだ改革途上なのかもしれません。ただ、オバマケアの影響で民間医療保険の加入者数はぐんと増加をしました。(オバマケアは公的保険制度ではなく、民間医療保険への加入に対して補助金を出す形式でした)

「マネテリ」

今回、「マネテリ」では医療保険のレッスンをスタートさせました。日本における医療保険制度はどうなっているのでしょうか。

「通常の75分では、学び足りない!」
ということを感じて、レッスンは前編と後編の全2回。

保険と聞くと、
「むずかしそう」
「大事なのはわかっているけど」
「保険の担当の人から聞いても、入ったほうが良いか……」
といった気持ちありませんか?

今回は、それに応えるレッスンで、参加者から
「こういう時は支払われる?」
「この先、こどもが欲しいけど、妊娠しても保険って入れる?」
「いろんな特約があるけど、なにが必要?」
といった質問が飛び交いました。

参加者でワイワイガヤガヤ話しながら
基準を身につけると、今後の家計管理にも活かしやすいですね。
「マネテリ」

現在、開催スタジオは3スタジオに増え、新宿西口スタジオ、恵比寿スタジオ、自由が丘スタジオで開催中。

学ぶキッカケを増やしたいので、企業とも共催してレッスンを開催しております。

「マネテリ」では、お金のすべてを学ぶレッスンとして、ライフスタイルを充実させるために活きるレッスンも開講中です。
自己流から卒業し「お金の正しいルール」を学ぶ、習いごと。
貯金、買い物、保険、収入アップ、資産運用などお金のすべてを学ぶレッスンです。

「マネテリ」の体験レッスン(無料)の参加予約はコチラからできます